ストリームレコーダーの使い方 評価・評判

アイキャッチ

ストリームレコーダーの使い方

Stream Recorder(ストレコ)とは、ストリーミング動画をダウンロードする事ができるGoogle Chrome用の拡張アプリです。 無料で使えます。

HLS(HTTP Live Streaming)で配信されている動画を、MP4の形式で保存できます。 キャプチャー機能も備えているので、定番のダウンローダーでは保存できない生放送(LIVE)などについても、ブラウザから直接録画する事ができる便利なツールです。

ただし、HLS配信以外の動画はダウンロードも録画もできません。

注意
違法にアップロードされた動画をそれと知りながらダウンロードする行為は、たとえそれが私的利用目的であっても 違法行為 となりますのでご注意下さい。
MEMO
ストリームレコーダーはChromeの最新機能を利用しているため、古いバージョンでは動作しません。 旧バージョンをお使いの方は 公式サイトから最新版をダウンロード してインストールしておいて下さい。

インストールの手順

  • STEP.1
    「Chromeウェブストアへ」をクリックする。
    Chromeで ストリームレコーダーの公式サイト にアクセスして、「Chromeウェブストアへ」をクリックして下さい。ウェブストア
  • STEP.2
    「Chromeに追加」をクリックする。
    Chromeウェブストアの画面右側にある「Chromeに追加」をクリックして下さい。クロームに追加
  • STEP.3
    「拡張機能を追加」をクリックする。
    下図の様な小窓が出てきますので「拡張機能を追加」をクリックして下さい。拡張機能を追加
  • インストール完了!!
    これだけでインストールは完了です。

    Chromeのアドレスバー右側にアクションボタン(赤い丸ポチ)が表示されているはずです。

    アドレスバー

インストールが完了したら
  • アクションボタンがちゃんと表示されているかチェックして下さい。
  • 表示されていない場合は、アドレスバーの長さを縮めてみて下さい。
  • アクションボタンはドラッグして表示の位置を変える事ができます。

動画ダウンロードの手順

  • STEP.1
    再生アプリを入手する。
    ダウンロードした動画をパソコンで視聴するにはMP4ファイルを再生できる専用ソフトが必要になりますので、無料の再生アプリをダウンロード してインストールしておいて下さい。 
  • STEP.2
    保存したい動画を再生する。
    Chromeを起動して、ダウンロードしたいストリーミング動画を普通に再生して下さい。動画再生
  • STEP.3
    アクションボタンをクリックする。
    ストリーム動画が検出されるとアクションボタン(赤い丸ポチ)が大きくなって変化しますのでクリックして下さい。 アクションボタンをクリックするとダウンロードが開始されます。アクションボタン
    ※ アクションボタンが変化しない場合はクリックするとビデオキャプチャーモードに切り替える事ができます。
  • ダウンロード完了!!
    Chromeの画面内でダウンロードの進行状況が表示され、ダウンロードが完了すると下図の様な画面になりますので「保存」をクリックして下さい。保存

    ※ 動画をダウンロード(キャプチャも含む)してる間はブラウザはもちろん、タブも閉じないで下さい。 閉じるとデータは失われてしまいます。

ダウンロードした動画の保存場所は?
  • ダウンロードした動画ファイルはChromeで指定してある場合に保存されます。
  • デフォルト(初期設定)の場合は「ダウンロード」のフォルダに保存されます。
アドバイス
  • ビデオキャプチャーモードで録画できる動画はHLS配信の動画だけです。 画質もイマイチなので録画ソフトには Bandicam などをお奨めいたします。
  • ダウンロードしたMP4ファイルは Gom Encoder などを使えば色々な形式に変換する事ができます。

アンインストールについて

ストリームレコーダーのアンインストールは簡単です。

Chromeの画面右上にある「Google Chromeの設定」ボタンから「その他のツール」→「拡張機能」と進み、ストリームレコーダーの項目を削除するだけでOKです。

口コミの評価・評判

ストリームレコーダーの評価・評判
ウェブストアでの評価
(4.5)
操作性・使い易さ
(4.5)
ダウンロードの速さ
(4.5)
画質の綺麗さ
(3.0)
機能の豊富さ
(2.0)
総合評価
(4.5)
評価・評判について
この評価はネット上の意見や感想をまとめたものであり、商品の価値を客観的に評価するものではありません。