DVD→MP4変換 HandBrakeの使い方(フリーソフト)

アイキャッチ

DVD→MP4変換 HandBrakeの使い方

一昔前まで、DVDの動画を他のファイル形式に変換するのは大変な作業だったのですが、最近は簡単に一発で変換してくれる便利なフリーソフトがあるので紹介しておきます。

DVDの動画をスマートフォンやタブレットなどで再生して見たい、と言う方は是非参考にしてみて下さい。

こちらでは「HandBrake」(ハンドブレイク)と言う無料ツールを使ってDVDをMP4形式の動画ファイルに変換する方法を解説します。

HandBrakeの仕様

  • 対応OS = Windows 7 to 10、Mac OS X 10.10 and later、Linux。
  • 入力形式 = DVD、BD、その他、動画ファイルなど。
  • 出力形式 = MP4、MKV。

HandBrakeのダウンロード

HandBrakeの最新版は公式ホームページからダウンロードする事ができます。

HandBrakeのインストール

STEP.1
インストーラーを起動する。
ダウンロードしたインストーラーのアイコンをクリックして下さい。

インストーラー

STEP.2
「Next」をクリックする。
下図の画面になりますので、「Next」をクリックして下さい。

インストール手順1

STEP.3
「I Agree」をクリックする。
下図の画面になりますので、「I Agree」をクリックして下さい。

インストール手順2

STEP.4
「Install」をクリックする。
下図の画面になりますので、「Install」をクリックして下さい。

インストール手順3

STEP.5
「Finish」をクリックする。
下図の画面になりますので、「Finish」をクリックして下さい。

インストール手順4

インストール完了!!
デスクトップにショートカットアイコンができていればインストールは完了です。

ショートカット

ショートカットアイコンをクリックすれば「HandBrake」が起動します。

DVDをMP4に変換する手順

STEP.1
再生ソフトを入手しておく。
変換後のMP4をパソコンで視聴できる 再生フリーソフトをダウンロード してインストールしておいて下さい。 
STEP.2
DVDをドライブに挿入する。
MP4に変換したい目的のDVDをパソコンのドライブに挿入して下さい。
STEP.3
HandBrakeを起動してDVDを選択する。
HandBrakeを起動すると下図の画面になりますので、画面左側の「Source Selection」で「DVD」を選択して下さい。

DVDを選択

STEP.4
データの読み込みが終わるのを待つ。
下図の画面が表示され、DVDデータの読み込みが始まりますので、終わるまで待ちます。

DVD取り込み

STEP.5
画質や音質などの設定を行う。
DVDのデータが正常に読み込まれると下図の様な画面になりますので、必要があれば画質や音質などの各種設定を行って下さい。

設定とか良く解らない、と言う方は画面の右上にある「Presets」から簡単に最適な設定を選択する事ができます。

各種設定

STEP.6
ファイル名と保存先を指定して「Start Encode」をクリックする。
設定が終わったら画面の右下にある「Browse」ボタンをクリックし、変換後のファイル名とMP4ファイルの保存先を指定して下さい。

最後に画面の上部にある「Start Encode」ボタンをクリックすれば変換が始まります。

保存先指定

変換完了!!
画面の左下で変換の進行状況が確認できますので、あとは変換が終わるのを待つだけです。

できあがったMP4ファイルを目的の機器(iPhone,iPad,iPod,PSPなど)に転送すればDVDの動画を持ち歩ける様になります。

※ 市販のDVDやBDについては、 コピーガード などの問題で、MP4ファイルに変換できる物とできない物があります。

HandBrakeで変換できない時の対処法

HandBrakeでMP4変換できないDVDは、基本的に変換してはいけないDVDですので素直に諦めましょう。 (技術的にコピーガードを解除する行為は違法行為になります!)

どうしてもMP4にしたい、と言うDVDは変換ではなく、録画(キャプチャー)してMP4にする方法 をお奨めいたします。 合法的にDVDをMP4にする事ができます。

口コミの評価・評判

HandBrakeの評価・評判
安全性
(4.0)
操作性
(4.0)
変換の速さ
(3.5)
画質の綺麗さ
(3.5)
機能の豊富さ
(3.5)
総合評価
(4.0)
評価・評判について
この評価は、ネット上の意見や感想のまとめであり、ツールの価値を客観的に評価するものではありません。